サンフランシスコ事務所 仲谷隆造 (PDF File)

1. はじめに

スタンフォード周辺にシリコンバレーが発展「日本は気力をくじくほどの経済大国だった」。スタンフォード大学の学位授与式(6月)におけるライス国連大使のスピーチの一言。卒業した1986年当時には予測できなかった激変の一つに日本の経済力の減退をとりあげた。式典では同大学の多国籍化の進展が強調され、中国をはじめとするアジア出身の学生が多数見られる中、日本人の姿はごくわずかだった。

世界的な経済危機やカリフォルニア州の財政危機によりビジネス環境は万全では無いが、シリコンバレーは、Apple、Google、Facebook、Tesla Motors等、未だに絶え間なく新しいビジネスを創出し続ける世界のイノベーションの中心である。スタンフォードをはじめとする優れた「研究」、豊富な「投資資金」、そして世界中から集まる「起業家」。Google創業者のセルゲイ・ブリン氏は旧ソ連、Yahoo!創業者のジェリー・ヤン氏は台湾、Tesla Motors会長のイーロン・マスク氏は南アフリカ出身であり、海外からの移住一世の活躍が目覚ましい。近年は中国とインドの存在感が高まり、両国ではシリコンバレーに残る人と母国に戻って活躍する人のネットワークも生まれている。

当事務所が今春から入居している「プラグ・アンド・プレイ・テック・センター(Plug and Play Tech Center、以下「PnP」)」は、スタートアップ企業(新事業を開始した精力的な企業)の支援施設である。各国の首相や大臣、大物企業家をはじめ、いまや年間来訪者が1万人を超えるシリコンバレーの名所となった。企業の“高齢化”が進む日本に、このシリコンバレーを凝縮したかのような起業促進施設を紹介することで、福岡からシリコンバレー・世界への挑戦を促すとともに、福岡における起業支援の参考としたい。

半数が外国生まれのシリコンバレー

2.半数が外国生まれのシリコンバレー

シリコンバレーとは、サンフランシスコ・ベイエリアの南部一帯の通称である。以下は、Joint Venture Silicon Valley Networkが発表した“Index of Silicon Valley 2010”からの抜粋であるが、資金面でも人材面でも一層のグローバル化が進展していることが伺える。

  • 全米のベンチャーキャピタル(主に未上場企業に対するハイリターンを狙った投資会社、以下「VC」)投資の3割はシリコンバレーに。投資対象は「ソフトウェア」や「半導体」から、「バイオ」、「エネルギー」、「医療」、「メディア」へ。
  • シリコンバレーと海外との間の投資額は拡大基調。シリコンバレーからの投資先は中国が圧倒的な1位。シリコンバレーに対する日本からの投資は、かつての3位から現在は9位に低迷している。
  • 一方で、増加傾向のシリコンバレーと海外との共同特許では、日本が未だ首位を維持している。
  • 英語以外の言語を話す家庭は全体の約5割に及び、従業員の約半数は外国生まれである。特に外国出身の理工系人材の3割はインド出身である。以下、中国、ベトナム、台湾、フィリピンと続く。

3.シリコンバレーの縮図「プラグ・アンド・プレイ・テック・センター」

エストニアの大統領やチェコの首相、オバマ大統領も就任前に訪れたPnP。「プラグ・アンド・プレイ」という名称は、パソコンに周辺機器等をつないだら(プラグ)、即座に実行(プレイ)できるという言葉に因む。2006年の開設以来、経済危機の影響が色濃く残る中で、入居する200社以上のスタートアップ企業の調達した投資額が7億ドル(700億円以上)を超えたことで話題になった。
最大の特徴は、PnP社長が経験豊富な事業家で、PnPがオフィス賃貸の不動産部門と企業への投資部門を併せ持つこと。VCや大手企業、全米の名門大学、法律・会計事務所等との関係も強い。また年間100回以上ものイベント開催により、ネットワーク形成の機会が豊富にある。大学や外国政府との連携による起業家育成にも積極的。これらが1カ所に凝縮されている点で、PnPはシリコンバレーの縮図といえる。(1)投資家を重視
シリコンバレーの投資家は事業経験も人脈も豊かで、必要があれば投資先企業のトップを変える程の行動力を持つ。起業家としては、投資家から助言や資金を得ながら事業展開することが欠かせない。PnP正面玄関の左側には、来客用とは別に投資家専用の駐車場まで用意されている。受付横の最も目立つところにはPnPに来訪する投資家のスケジュールが大型ディスプレーにびっしりと表示されている。PnPは60以上のVCとの関係を築き、入居者には投資家との豊富な接点を用意していることを誇示している。
(2)オープンネスとチームワーク
PnPには世界中から毎日のように視察者が訪れているが、施設内のほとんどのブースには扉が無く、仕切りも低く背伸びをすれば中が見える。音は当然、周囲にもれる。iPhone用アプリケーションを開発する企業を集めた一角があり、競争環境にある同業他社が半ば机を並べている。人に隠れて閉じこもって仕事をするのではなく、積極的に同業他社とも意見交換し、協力し合って事業を練り上げている。

また、入居者が弁護士や会計士の相談を受けられるのは勿論のこと、PnPではエグゼクティブ・イン・レジデンスという一角が特徴的である。既に事業で成功を収めた人や専門家がブースを借りて入居し、入居企業に助言や指導を行っている。彼らが入居企業のCEOとして雇われた事例もある。新技術を持った人が全てを自己完結するのではなく、共同経営者、助言者、チームメンバー、投資家等とのチームワークによって成功に導こうとしている。(3)スタートアップ企業を尊重
最先端のビジネスは、既存の大企業よりもむしろスタートアップ企業から生み出されている。決済サービス大手のPayPalは、自らPnP内にスタートアップ企業を入居させて支援している。シリコンバレーでは大企業とスタートアップ企業との関係がよりフラットであり、いわゆる「大企業」と「中小企業」の関係とは異なっている。

ちなみに、誰もがGoogleのようにはなれないため、起業家が自分の企業を大企業に売ることは、株式公開と同じく大きな成功を意味する。例えばAppleに自分の事業を売れば、大変な成功者とみなされる。企業とは自分の人生の中で事業を具現化するための器という考え方である。自分で興した企業を世襲する文化も尊重すべきだが、次々とイノベーションが起きるシリコンバレーでの主流にはなり得ない。

(4)世界中から受け入れ世界中へとつながる
PnPは、カナダ、スペイン、チェコ、オーストリア、フィンランド等の政府系機関の起業促進も支援している。PnP内には各国のパビリオンが設けられており、各国や地域から選ばれたスタートアップ企業が3ヶ月ずつ滞在し、PnPによる濃密なサポートを受けながら短期間で鍛えられている。ここでは投資家に出会えるだけでなく、世界展開したいと考えた場合、世界中の人脈を形成しやすいことも大きな利点である。

何十もの投資家と何百人もの観衆の前で、わずか数分の持ち時間でビジネスプレゼンテーションを競い合う「エレベータピッチ」と呼ばれるイベントがシリコンバレーの各地で開催されている。数多くのPnPのイベントの中でも“EXPO”と呼ぶ年4回のピッチ大会は、各国パビリオンの企業を含め、世界中から資金獲得を狙ったスタートアップ企業が参加する。ピッチに立てば勿論のこと、聴衆として参加するだけでもそのダイナミズムを体感することができる。

4.最後に

“iEXPO”はPnPのピッチ大会の中でも、特に海外企業に焦点を当てたものだが、実に2年連続で最優秀3社のうちの2社を日本勢が占めた。PnPで「ジャパンパビリオン」を運営しているVCのSunBridge Partnersが、三菱地所の「東京21cクラブ」と組んで東京で予選会を行い、勝ち抜いた企業を徹底的に指導した成果である。SunBridgeは元オラクルジャパン代表のアレン・マイナー氏が率いるVCで、これまでSalesforce.comなどの海外企業の日本進出で大きな実績を上げてきた。今度はPnPで日本企業の海外進出を手がけており、日本勢の躍進は彼らの強力なサポートがあっての賜物だが、少数ながら日本企業もやればできるという事例として心強い。
SunBridgeは、11月に東京、12月には大阪と、相次いでスタートアップ企業を支援する施設を立ち上げ、海外進出を後押しする仕組みをつくっている。また、他にも民間の新たな支援施設の計画が日本国内で進行しているようだ。福岡県サンフランシスコ事務所はPnP内で唯一の日本の政府系事務所であり、九州大学や福岡工業大学の学生ツアー、Rubyミッション等の視察を受け入れてきた。視察者の反応には手応えを感じているが、福岡の企業が海外市場で益々躍進するために、「福岡パビリオン」として、福岡の企業がPnPに滞在しながら支援を受けられる仕組みを持つことを展望したい。