いいものを、より確実に FDAの最新動向

– 第5回LAフクオカコネクト –
日時: 2015年8月1日(土)午後2時00分から午後3時30分(講演80分)
会場: Gardena Valley Japanese Cultural Institute
住所: 1964 W 162nd street #207/#208
料金: 無料
主催: 福岡県サンフランシスコ事務所、南加福岡県人会、南加福岡県人会青壮年会
次第: 1:30 受付開始
2:00 セミナー開始
2:00-2:20 挨拶、食品輸入実績について(県人会商工部)
2:20-3:00 講演(飯田 直子 氏)
3:00-3:20 Q&A
3:20-3:25 福岡県サンフランシスコ事務所からのご案内
3:20-3:30 挨拶
3:30-4:00 ネットワーキング
世界で売れるモノには必ず”ワケ”がある

申込み

席数の都合により事前のご連絡、ご予約をお願いいたします。参加希望の方はshipfan1@gmail.comまでメールで直接お申込みください。
講演内容

いいものを、より確実に FDAの最新動向

日本食の世界無形文化遺産登録や、勢いを増すラーメンブームなど、米国における日本食への関心が高まる中、食品の取扱いについての規制やルールも益々厳しさを増しています。こうした食の安心、安全を基本に、より良い日本の物産をアメリカに紹介できる一助になればとFDA(米国食品医薬品局)の専門家でコンサルタントである飯田直子さん(グロービッツ社勤務)を講師にFDAの役割や機能、食品安全強化法の最新情報などわかりやすく丁寧に解説していただきます。

講師: 飯田直子(グロービッツ社・理学博士)

飯田直子 氏福岡県出身。テキサスA&M大学卒業、南フロリダ大学で分子生物学博士号取得。その後、マイアミ大学医学部細胞学部で助手として勤務し乳癌の研究に携わり、特に医療分野に明るい。グロービッツではバイオ関連のプロジェクトを中心に、食品ではGRAS申請、添加物の認可取得サポート、低酸性食品の製造工程プロセス認可取得、食品やサプリメントのラベルや内容成分の規制準拠確認など、日本の大手食品企業を担当しており、多くのプロジェクトで中心的リーダーである。

グロービッツ(Globizz Consulting)社

グロービッツ社(トーランス)はアメリカに輸入・販売をする際に必要となる規制についてコンサルティングする会社です。主に、医療機器、医薬品、食品・サプリメント、化粧品、などのFDA規制と、除菌や排ガスなどのEPA規制への対応を専門としています。
その他に日本からアメリカに進出する企業に対する全般的なアドバイスを提供しており、2005年の創業以来、公共事業を始めとして、信頼性の高い多くの米国進出プロジェクトを成功させております。